2009年03月02日

フリー フォント 明朝

フリー フォント 明朝

フリーのフォント「東風明朝」「東風-和田研ゴシック」

フリーの日本語フォントを複数組み合わせて改良を施したTrueTypeフォント

フリーの日本語フォントを複数組み合わせて改良を施したTrueTypeフォント。“東風”は“こち”と読む。LinuxなどオープンソースのUNIX互換OSで日本語を表示することを主目的に作成されたのだが、作成に当たって「TTedit」を始めとするWindows用ソフトを利用しているとのことで、Windowsでも問題なく表示可能だ。

細明朝体の「東風明朝」と中ゴシック体の「東風-和田研ゴシック」の2種類のフォントが用意され、どちらもフリーのビットマップフォントとアウトラインフォントを複数組み合わせてある。

つまり、「東風明朝」では10〜17/20/21ピクセル用のビットマップフォントが、「東風-和田研ゴシック」では10〜17ピクセル用のものがフォントに内蔵されており、ポイントの小さい文字もきれいに表示可能。

フリー フォント 明朝


posted by ティア at 23:40| Comment(0) | フリー フォント 漢字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。